ご予約・お問い合わせ
■心療内科 ■精神科
お知らせ
パニック障害とは?
パニック障害は、ある日突然、目まい、動悸(どうき)、呼吸困難といった自律神経系の症状とともに激しい不安が発作的に起こる病気です。男性より女性で多く、100人に1人ぐらいの割合で発症するといわれています。最初の発作はおおむね30歳前後に経験することが多いようです。症状は、心臓がドキドキする、汗をかく、身体や手足の震え、呼吸が速くなる・息苦しさ、胸の痛みや不快感、目まい・ふらつき、非現実感(自分が自分でない感じ)、このまま死ぬのではないかという恐怖、寒けまたはほてりなどがあります。しかし、いろいろな検査を受けても身体的な異常はどこにも見つかりません。パニック障害の治療は、発作ができるだけ完全に起きないようにすることです。そのためには、薬による治療が効果的です。また、症状には軽いものから重いものまでさまざまな段階がありますので、患者さんの症状を見ながら段階に合わせ、薬だけではなく心理的療法を組み合わせた治療を行います。