ご予約・お問い合わせ
■心療内科 ■精神科
お知らせ
抗うつ薬のやめ方
うつ病やパニック障害の治療には抗うつ薬が用いられます。その中でも現在、主に使用されているセロトニン選択的再取り込み阻害剤(SSRI)とよばれる薬剤の使用経験から中止後症状とよばれる有害作用が見つかり、平成21年に日本うつ病学会から適正使用に関する提言が発表されました。その要約を紹介します。 「抗うつ役をある程度の期間(約4週間)服用継続した多くの場合、突然何らかの理由で服薬を中止した後(場合によっては漸減時も)、7~10日以内にふらつき、目まい、頭痛、不安、嘔気(おうき)・嘔吐、不眠などの症状が現れるものである」。中止後症状自体は、お薬の投与量を元に戻すといった比較的簡単な方法で改善させることは可能ですが、これらの症状のために本来の病気が改善していても、なかなかお薬を終了させることができなくなっている患者さんにお会いすることがあります。 個人差はありますが、時間をかけ少しずつ投与量を減らしていくことで中止後症状を起こさず薬剤を終了させることは可能でしょう。