ご予約・お問い合わせ
■心療内科 ■精神科
お知らせ
社交(社会)不安障害
「人前で何かをするときに失敗をしてしまうのではないか」。このように、悪い評価を受けることや、注目を浴びる行動への不安から強い苦痛を感じたり、体の症状が現れ、次第にそうした場面を避けるようになり、日常生活に支障を来すことを、社交(または社会)不安障害といいます。 恥ずかしいと思う場面でも、多くの人は徐々に慣れてきて平常心で行動できるようになりますが、社交不安障害の人は、そういった状況を経験するたびに羞恥心や不安感が募り、そうした場面に遭遇することへの恐怖心が強くなっていきます。また、強い不安症状が自律神経に作用し、さまざまな身体症状を発症することがあります。代表的な症状は、「顔が火照る」「脈が速くなり、息苦しくなる」「汗をかく」「手足、全身、声の震え」「吐き気がする」「口が渇く」などです。 社交不安障害の治療は、薬物療法などを用いて、恥ずかしいと思う場面での成功体験を重ねることによって慣れが生じるように試みていきます。